ペット可の良い点・悪い点

ペット可の賃貸物件を退去するときのクリーニング費用

ペット可の賃貸物件を退去するときにかかるクリーニング費用 賃貸物件を借りて住む人には、善管注意の義務と原状回復の義務があります。
前者は借り物の部屋を正しい注意をもって大切扱うという義務で、後者はその賃貸物件から退去する時には室内を元通りにして大家さんに返すということです。
ペット可の賃貸物件では契約内容に基づき禁止事項に注意した上でペットとともに生活することができます。
善管注意の義務や原状回復の義務はペット可物件においても同様です。
そのためペットと暮らすにあたっては、壁や柱にキズをつけないための工夫が必要となります。
そしてその物件契約を解約して退去する時には、明け渡しの審査があります。
開け渡しの審査は不動産会社や大家さんが借りていた人の立ち合いのもとで行い、入居時にはなかったキズや汚れ、臭いなどについて確認をします。
審査の結果該当の箇所があれば、借り手本人の負担でクリーニングや修繕をしてから退去しなくてはなりません。
ペットと一緒に暮らしているとどうしても汚れや臭いがつきがちなので、開け渡し検査の結果クリーニング費用を徴収されることがあります。

ペット可の賃貸物件の良いところ・悪いところ

ペット応相談の賃貸物件の特徴とは ペット可の賃貸物件にはいいところがあります。
まずペットを飼育出来るところです、賃貸物件は特に明記されていない場合はペット不可の場合が多くペットを飼いたい人にとっては障害となりますがペット可のところなら心置きなく飼育出来ますし充実したペットとの生活を堪能できます。
そして最近ではペット可のところが増えてきておりペットと一緒に共存しやすいような作りになっているところも多く、快適に過ごせるようになっています。
となりの人も同様にペットを飼っていますのでコミュニケーションが取れやすいのもいいところです。
良いところもありますが悪いところもあります、ペット可の物件は必ずしもペットを飼っている人ばかりが暮らしているとは限らない点です。
それほど好きでない人が近隣に暮らしている場合はペットの鳴き声などでトラブルになることもあります。
また普通のペット不可の物件とは違い入居した時に汚れや傷などがついていることがあり、神経質な方にはおすすめできません。
ペットを飼いたい方にはメリットの多い物件です。