ペットの大きさ

ペット可賃貸物件でも、ペットの大きさによっては借りられない

ペット可賃貸物件でも、ペットの大きさによっては借りられない ペット可賃貸物件でも、マンションの場合はペットに関する管理規約があり、どんなペットでもよいという訳ではありません。
多くのマンションでは、事故を防ぐため、ペットの大きさと種類に制限があります。
賃貸であってもこの管理規約が適用されるため、これから逸脱すれば、借りることはできません。
契約時に確認することになります。
特に犬の場合には、他の居住者に恐怖や威圧感を与える恐れがあるので、厳しく制限され、入居後も他の居住者からの監視の目がある事を自覚する必要があります。
もし破った場合は、契約を解除され、退去を命じられます。
一般的には通路と階段、エレベータ内での事故を防ぐため、マンション内は抱きかかえて、通行するように定めています。
厳しいところではケージに入れて通行する事を求めていることもあります。
ここから、犬や猫の大きさが制限されます。
又、鳴き声や、騒音、臭気についても規定があり、契約時に確認が必要です。

ペット可賃貸物件で「猫のみOK」の理由とは?

ペット可賃貸物件で「猫のみOK」の理由とは? 空前の猫ブームと言われ、猫を飼っている人が激増しています。
そのため需要が高まっているのがペット可の賃貸物件です。
しかしペット可の条件の中に最近は猫のみOKという物件が増加してきています。
犬はNGということなのですが、それはなぜなのでしょうか。
猫と犬の違いは、犬の場合は登録と狂犬病の予防接種が必要なことが大きいポイントです。
人に噛みつくというリスクを持っているのが犬なのです。
また犬の場合は吠えるという行動も見られますし、身体の大きな種類も多いということも挙げられます。
散歩のために外出させなくてはならず、そのためには犬を連れて共用部分を通行することにもなりますので、動物が苦手な他の住人に対して不快感を与えるおそれがあるというのがその大きな理由です。
猫は基本的に室内から出して外に連れて行くという必然性がなく、室内飼いができるために他の住民にも迷惑をかける可能性が低いということでしょう。
しかし賃貸物件でペットを飼育する場合には、たとえOKであっても良識のある行動を心がけ、迷惑をかけることのないようにすることが大切です。
ルールを守って飼いましょう。