ペット可の賃貸物件が希少な理由とは

ペット可の賃貸物件が希少な理由とは

ペット可の賃貸物件が希少な理由とは 動物が好きで、家でペットを飼って暮らしたいという人は多いと思います。
一戸建てを購入すれば、誰に気兼ねすることなくペットを飼うことはできますし、分譲マンションでも最近ではペット可の物件も増えてきています。
しかし、残念なことに賃貸で探してみると、ペット可の物件はなかなか見つかるものではありません。
一番の理由は部屋の傷みが早くなるからです。
室内で犬や猫などのペットを飼うと、どうしても爪などで壁や床などに傷がついてしまいます。
また長期間になれば、部屋にペットの独特のにおいがついてしまうこともあります。
賃貸契約の時点で、入居中や退去時の精算について様々な契約がなされますが、「ペット可」と記載してしまうと、ペットによってつけられた傷なども常識的な範囲内であれば、借主に現状回復の責任はなく、退去時には貸主側が修理やクリーニングを行わなければなりません。
貸主側にとっては負担が大きくなります。
また、マンションなどの場合は、すべての住居でペットを飼っているわけではありません。
ペットの鳴き声などの騒音問題は、近隣住民同士のトラブルの原因になることが多々あります。
貸主側としては、なるべくならそういった争いの種になりうる可能性のあることは避けたいという思いはあるでしょう。

ペット可の賃貸物件でも「犬可」で、「猫不可」の物件が多い

「犬可」で、「猫不可」の物件が多い 現在ではペットも大切な家族とされるようになりましたから、賃貸物件業界もかつてと比べればペット可の物件が非常に多くなりました。
ペット愛好家としてはこれほど嬉しいことはないでしょうが、しかしよく規約を読むと「猫不可」の三文字が記載されていたということは少なくありません。
しかしこれには確かな理由があり、まず理由となっているのが「猫は爪を研ぐ生き物だから」ということです。
猫を飼った経験がある人だとすぐにイメージ出来ますが、猫は爪の表面にある古い爪の層を剥がすために爪とぎを行います。
これを賃貸物件の壁などでやられてしまうと壁紙がぼろぼろになってしまいますし、壁紙の内側の石膏ボードまで傷がついてしまうこともあります。
壁紙交換であればまだしも石膏ボードまで交換するとなるとかなりの修繕費がかかりますから、猫を飼うのは勘弁して欲しいという大家は多いのです。
また「犬と比べると外出頻度が高い可能性がある」というのも重大な理由です。
室内犬であれば住んでいる家の外に出るということはほとんどありませんが、猫となると少し開いた窓からするっと外へ出て行ってしまうことがあります。
そうなってしまうと物件の周辺でトラブルを起こすリスクがありますし、共用部を汚してしまうリスクもありますから、やはり犬と比べると猫を飼われると面倒なことが増えるという意識があるわけです。
ただ最初は猫不可になっていても管理会社や大家と交渉をして許可してもらえたというケースもありますから、もし魅力的な賃貸物件があれば軽く交渉して見るのも良いでしょう。

おすすめ賃貸関連リンク

都心部の売買物件(新築・中古のマンションや一戸建て、土地など)の情報サイト

文京区 賃貸